子供を迎える体作り

女性の出産年齢が過去最高になっているようです。これは女性が社会で働くようになったことや結婚する年齢が遅れたことによるものだとされています。

女性にとっては出産年齢が上がるということはそれだけ妊娠しにくい体質になることは誰しもが知っています。なかには40代で妊活を始め子供をあきらめることになる人も数多くいると言われています。

ストレスをためないこと:働く女性はストレスがたまりがち。なかには生理不順や生理がこなくなることもあるようです。特に女性は接客などサービス業が多い傾向にあります。対人関係は特にストレスが多いものです、ジムで体を動かしたり、栄養満点の食事を心がけたいものです。

体を冷やさない:女性の場合であると良く冷え性であると言われています。特に手足の先端は血液が届きにくいので注意が必要です。冷え性対策で効果的なのはお風呂です。冬場であると体は冷えてしまいがち。お風呂で長時間はいることはストレス解消にもなります。また就寝の1時間くらい前に入るとその後の体温低下でよく眠れるようになると言われます。これもストレス解消になります。

妊娠に必要な栄養を取る:妊娠に必要な栄養はビタミンE・Dであるといわれています。これらは卵子の状態をよくしたり、受精した卵子を着床しやすくすると言われています。現代人は栄養が偏りがちですが気を付けて取りたいものです。他にもたんぱく質は体つくりの原点ともいえる栄養なので効果的に取りたいです。