結婚しないという選択

最近あえて婚姻しない事実婚という言葉を聞くようになりました。また結婚した夫婦の3組に1組が4年以内に離婚するといわれています。最近では男女が結婚する年齢が遅れるという晩婚化も進みました。結婚したとしても互い一緒にいる時間を大切にして子どもをは作らいないという夫婦も増えました。

未婚でも子どもが産める

30代ともなると若い頃に比べ自分の考えがはっきりしてくるものです。となると他人とは自分の意見や考えが一致しないということが起こりやすくなります。若い頃に異性と出会い、そして結婚して考えや価値観を作り上げるのが理想ではあります。年齢を重ねると自分と同じ考え、物の価値感をもっている人と出会えることは少なくなります。

未婚で相手も見つからず、女性には子どもを産める年齢が決まっているので焦りや不安が伴うものです。そんな女性のために子どもを作るためだけに精子提供をしています。

結婚しないという選択幸福と情報化社会

第二次大戦後に迎えた高度経済成長を表す言葉として巨人・大鵬・玉子焼き、という言葉がありました。テレビ業界によって生み出されたこの言葉はかつてテレビ・ラジオ・新聞が唯一の情報源な時代で家族で巨人や大鵬を見たり、そもそも物が少ない時代で栄養をたくさん含んだ卵焼きがみんな大好きなことを現した言葉です。

戦後は慢性的な物不足から、幸福や娯楽というのはだいたいどの人も決まっていたものです。 現在パソコンやスマートフォン、インターネットが一般的になり情報社会が訪れました。私たちはいろいろな情報を手に入れられるようになり、みんながテレビやラジオ、新聞を見る時代は終わりました。インターネット通じて個人が選んだ、いろいろな情報を入手できる時代になりました。 それらの情報がネットを通じてスピード感を伴い一度に広がるという時代となり、テレビ・ラジオ、新聞などの受けとるだけの情報収集から、個人が情報を発信することも加わりました。膨大な情報を手にした私たちは人それぞれ色々なものに幸福や娯楽、レジャー買い物などに感じ求めるようになりました。